被相続人の借金を誰が払うのかで揉めている

Q、相続協議をしていくなかで、被相続人が残した借金はどのように支払うかで揉めています。このような場合、どうやって解決するのが良いでしょうか?

我が家では現在、遺産相続問題について相続人同士で協議を行っている状態ですが、被相続人が残した財産に借金について金の支払いをするのかでもめています。
相続人が複数いるのですが、借金を払いたくないという相続人もいれば借金があるなら、相続を放棄するという相続人もいて、どうにもまとまりがつかない状態です。
相続を放棄すると言っている相続人については特に問題がないので放棄しても構わないと言っているのですが、プラスになる財産だけが欲しくてマイナスとなる借金の支払いをするのは嫌だという相続人がいるのでとても困っています。
このような場合には、どのように解決するのが1番ベストなのでしょうか?

初めての相続問題でわからないことが多く、非常に悩んでいます。
何か良い解決方法などがあればご教授いただきたいと思っていますが、長男である私が被相続人の借金を肩代わりして全て支払っていくといった方法はどうしても私自身の経済的な問題で難しく、放棄すると言っている相続人以外で平等に分割したいと思っています。

A、限定承認という方法があります。

遺産相続をする際に限定承認という方法があるのはご存知でしょうか?
遺産が残されていることを知ってから、もしくは自分が相続人だということを知ってから3か月以内であれば申請することができます。
ただしこの限定承認というのは相続放棄する人以外の相続人は、すべてが同じように限定承認をしなければならず、ここでの協議をする必要があります。
限定承認であればプラスとなる財産を受け取ったうちマイナスとなる被相続人残した借金の支払いを済ませるといった方法で相殺することになっています。
そのためそれぞれに分割されるプラスの財産と残された借金のトータル金額などがバランスよく分与できるのであれば、この方法が一番だといえるでしょう。

そうでなくはるかに借金の方が多いといったケースではやはり、相続放棄をするのが1番なのかもしれません。
細かなことは税理士さんに相談してみるとわかりやすく説明してくれますが、限定承認であればマイナスである借金を支払っても、プラスとなる財産が少しでもあれば、自分の手元に残すことができますので必ずしも全てがマイナスとなってしまうわけではありません。
またこの方法は上記したように、相続人の全てが放棄する以外に限定承認を行う必要がありますので平等に分割できる方法となります。

誰か1人がプラスばかりの財産を引き継ぎ、他の相続人がマイナスとなる借金などをたくさん背負ってしまうのは平等ではありませんから、基本的には平等に財産分割ができるように考えていきましょう。
また、限定承認には3ヶ月と言うタイムリミットがあることも他の相続人に伝えた上で、どうするべきかということをしっかり協議した方が良いと言えます。
プラスとなる財産のほかに借金が残っている場合にはプラスばかりを受け取ってマイナスとなる部分は知らん顔ということはできませんので、放棄する相続人以外はしっかり協力しあってどうするのがベストなのかを決めるようにしましょう。

どうしても自分たちだけで話し合いを続ける事が難しいのであればやはり税理士に相談することで最もベストな方法を提示してくれます。”