遺言書を作る時には税金も意識しておく

どんなにたくさんの財産が残っていても自分からみて、相続人となってくれる人が少なければ遺産相続をした際に、それだけ分与分が大きくなってしまい相続税として支払う部分も大きくなってしまいます。
できる限り相続税対策をして、たくさんの財産そのものを残してあげるというのは非常に大切ですが、相続人に対してしっかりと遺言書を残してあげたいと考えているのであれば、税金についてもしっかり意識しながら部活を考えるようにしましょう。
例えば自分から見た相続人は配偶者と子供だけだったという場合、子供が複数人いればある程度分割することができますが、子供が1人だけというケースでは配偶者と子供が遺産分割を行うことになって多額の相続税が必要になってしまうケースがあります。

勿論残された財産によってこのあたりは違ってくるのですが、どうしても相続税からは逃れることはできないと考えられるのであれば自分から見たお孫さんにも相続分を残すといった方法やご両親またはご兄弟に相続を残すといった形で税金対策を考えると良いでしょう。
様々な控除などを考えてみると一人一人の分割して受け取る金額そのものがトータルで3600万円を超えなければ相続税は必要になりません。
ですから、相続人が少ないと思われるケースでは敢えて相続人増やして分割することで相続税対策にもなります。

遺言書で残さないと分割で相続人が少なくなってしまう

相続にというのは法律で決められている立場とそうではなく、被相続人となるご本人が遺言書などで生でする場合とに分けられますが、上記のように税金をしっかり考えていくのであれば必要に応じて、遺言書で相続人を指定しましょう。
また、分与する金額や、残す財産費についてもしっかりしていしておくことにより相続税から免れることができます。

特に自分のお子様が一人でさらにお孫さんがいるといった場合には、お子様とお孫さん、そして自分の配偶者に財産を分けるだけでも1億円近くの財産に対して税金がかからないことになりますから。
こうした方法はとても有効だといえるでしょう。
生前贈与などを考えるのも税金対策になりますが、そこまで特に考えていなかった場合には、最終的に遺言書で税金を意識した分割を指定するのが1番となります。

もちろん身内だけではなく、生前お世話になった方に対して少しでも財産を残したいと言って気持ちがあれば、親戚などでも遺言書に記しておくことによって自分の財産を分けることができます。
相続税として納めなければならない金額よりも少しでも自分の財産を有意義に分割してもらうためには、このような部分もしっかりと考えながら遺言書を作るようにしましょう。

相続税も意識して遺言書を作っていくかどうかによってその後、相続人が支払う相続税が変わってくるのは当然のことですので、単純に多額の財産を残してしまうだけではなく、相続人と分割する金額などには被相続人となるご本人が配慮しておくことも大切になります。

遺産相続をする際には誰もが気にしなければならないものの一つに相続税があります。
もちろん相続税の対象になるほどの財産が残っていないというケースもあるようですが、相続税の対象となるだけ財産が残されていた場合には必ず支払いをしなければなりません。
相続税の支払いをせずそのままにしていると何度でも督促が行われることになり、さらには支払わない間の賃金等も加算されてしまいますので、相続協議や実際の分割が終了したらすぐにでも支払った方が良いものといえます。
複数人の相続人がいるといったケースでは実際に誰が相続税を支払うのが良いのかとわからない人がいるようですが、相続税については基本的に相続税が発生するだけの財産を受ける相続人は全員が支払わなければなりません。
またこのように複数人の相続人が相続税の対象となるだけ財産を受け取る場合には、それぞれの相続人の中に連帯責任が発生するため1人でも相続税を支払わない人がいると他の相続人に負担がかかることになります。

基本的には平等に相続税の支払いをする

どれだけの財産を分与するのかといった部分によって支払う相続人は変わってくるのですが、基本的には遺産分割そのものも相続人同士の中で平等に行い、さらに相続税も平等に支払うというのが最もトラブルを少なくする。方法と言えます。
しかし相続人同士の中で受ける相続に違いがあるケースではやはり相続税にも変化がありますから、多くの財産を受け取れば受け取るほど、相続税もたくさん支払うことになってしまいます。

にもかかわらず、十分な相続税を支払っていなかったりすると、やはり上記したように他の相続人に多大な迷惑がかかってしまいますから、相続税を誰が支払うのかで揉めるよりも分割が終了した後相続税についての申告、そして納付は全員が揃っている中で行うのが良いでしょう。
実際問題、税金を支払うといっても窓口に出向くのは誰が出向いても構いません。
最終的には残された財産についてしっかりとした相続人が収めれれば税務署もそれ以上連絡をしてきたり催促することはありませんので、相続人同士とかで話し合いを行い誰か1人が代表で相続税を支払うと決まっていればなんの問題もありません。

共同財産等でどうしても収拾がつかない的には誰か1人が支払う

残された財産が現金として分割できるものではなく土地や家屋しかなかったという場合、こうした土地や家屋を占いで共同財産として今後も維持していくのであれば、ここに係る相続税は本来、共同財産を受ける相続人がそれぞれ平等に支払う必要がありますが、相続人同士が話し合いを上り金銭的にも余裕のある誰か1人が代表として相続税を納めるということも可能です。
上でも説明した通り、事務所が必要な相続税が納められれば、それ以上の督促など行いませんから、相続人同士の中で相談し、円満に解決することができればなんの問題もありません。

ただし、反対にトラブルが起きてしまうようであれば相続税の支払い方法や支払うべき立場の人間について税理士さんなどを通じてしっかり相続人同士が相談していくようにしましょう。
このような部分でトラブルが起きてしまうとせっかく遺産分割がうまくいっても、その後税金によって再びトラブルが発生し、相続人同士が喧嘩をしてしまうようなケースもあります。
喧嘩をして揉めている間にも相続税は賃金が加算されてしまいますので、少しでも少ない相続税を支払ってしっかり終了させるためにも基本的に相続税というのは、相続を受けた人全員が平等に支払うものだといった認識を持ちましょう。